ウクレレコード【Am7】の押さえ方と豆知識

ウクレレ Am7コード ルートA
ウクレレ Am7コード

Am7(エー・マイナー・セブンス)はラ・ド・ミ+ソ(A-C-E+G)で構成される4和音です。

  • Am(ジー・マイナー)=ACEに、ルートAに対する短7度(セブンス)=Gを加えた和音です。
  • つまりAm7の7=G(ソ)の事を表します
  • ウクレレで最も運指が簡単なコードです

 

Am7基本の押さえ方

ウクレレ Am7コード

ウクレレ Am7コード

まっさらなフレットボード……

いや、別に指位置を書き忘れたわけじゃないですよ!!

これでいいんです(笑)

 

ウクレレのノーマルチューニングはAm7になっているんです

ウクレレで弾き語りしててAm7が出てきたら、休憩時間だと思って休みましょう(笑)

あ、参考までに基本のAmと比較してみて下さい。4弦がA→Gになっている事がわかりますね。

ウクレレ Amコード

参考:Am

 

Am7その他の押さえ方

ウクレレ Am7コード

ウクレレ Am7コード

Gm7の基本の押さえ方を並行移動したフォームです。少し押さえにくいですね……。器用な方は、中指でバレーしてもOKです。

 

ウクレレ Am7コード

ウクレレ Am7コード

こちらもGm7を並行移動したコードフォームです。人・中の指はバレーでもOKです。

Am7の省略形(余談)

上記の押さえにくいAm7に関して。

ウクレレ Am7コード

ウクレレ Am7コード

このように1弦を解放にしても大丈夫です。メジャー・マイナーを決定する短3度のCが入っていないので、A7としても使えます。

ウクレレ A7コード

参考:A7(長3度のC#が入っている)

 

なお、4弦を解放にしても大丈夫ですが……

ウクレレ Cコード

Am7?いえ、Cコードです。

これは完全にCですねw

曲の中で使ってみて、変じゃなければCでもOK。

一緒に覚えたいコード

ウクレレ Gm7コード

ウクレレ Gm7コード

ウクレレ Gm7コード

ウクレレ Gm7コード

上記のAm7を2フレット左に並行移動すると、Gm7ですね。一緒に覚えておきましょう。