ウクレレコード【A7】の押さえ方と豆知識

ウクレレ A7コード ルートA
ウクレレ A7コード

A7(エー・セブンス)はラ・ド#・ミ+ソ(A-C#-E+G)で構成される4和音です。

  • A(エー・メジャー)=AC#Eに、ルートAに対する短7度(セブンス)=Gを加えた和音です。
  • つまりA7の7=G(ソ)の事を表します

基本の押さえ方

ウクレレ A7コード

ウクレレ A7コード

A7は指一本で押さえられる嬉しいコードです(笑)

Aメジャーの4弦Aを、4弦解放のGにする事で、Aセブンス=A-C#-E-Gの4和音が成立します。Aメジャーと比較してみましょう。

ウクレレ Aコード

参考: Aメジャー

その他の押さえ方

ウクレレ A7コード

ウクレレ A7コード

G7を並行移動して作るフォームです。以下、一緒に覚えたいコードで紹介するG7もご参照ください。

一緒に覚えたいコード

ウクレレ B7コード

B7は基本のA7を並行移動したフォーム

まずは基本のA7を右に2フレット並行移動して作るB7です。指一本から突然バレーコードになるので戸惑う方もいるかもしれませんが、基本は同じ形なので覚えておくと良いでしょう。

ウクレレ G7コード

G7を並行移動するとA7になる

そしてウクレレ基本3コードの一つ、G7です。並行移動でA7に変換できます。A7は覚えなくとも、G7は絶対に覚えましょう(笑)