ウクレレコード【Am】の押さえ方と豆知識

ウクレレ Amコード ルートA
ウクレレ Amコード

Am(エー・マイナー)はラ・ド・ミ(A-C-E)で構成される3和音です。

  • 一般的に、メジャーコードは『明るい響き』。それに対してマイナーコードは『暗い響き』とされます。
  • A(エー・メジャー)ではルートAに対する3rdはC#ですが、Am(エー・マイナー)では半音低いCになります。
  • 最も基本的なマイナーコードの一つです。音楽理論をかじり出したら、最初に出てくるマイナーはAmかも?。最初に覚えた人も多いと思います。

基本の押さえ方

ウクレレ Amコード

ウクレレ Amコード

Aメジャーとの違いは、3弦C⇔C#です。参考にAメジャーコードのフォームと見比べてみましょう。

ウクレレ Aコード

参考:Aメジャー

他の押さえ方

ウクレレ Amコード

よく登場するAm 雰囲気を変えたい時にそうぞ

1弦Cを加えたフォームです。同じAmですが、簡単に雰囲気が変わります。こちらはよく登場するので覚えておいて損はありません。

ウクレレ Amコード

ウクレレ Amコード

また、Gmを2フレット分を並行移動したフォームもあります。ソロ弾きだと使うかもしれませんが、弾き語りでは少し使いにくいかも…。

ウクレレ Amコード

親指を使ったAm

アコギ弾きさんの場合はこういう押さえ方もあるかも。4弦を親指で押さえます。

一緒に覚えたいコード

ウクレレ Bmコード

ウクレレ Bmコード

Amの基本コードを2フレット並行移動しただけのBmは押さえておきましょう。

ウクレレ Gmコード

ウクレレ Gmコード

Gmを2フレット並行移動すると、先ほど登場したAmのフォームになります。確認してみてください。