ウクレレコード【E】の押さえ方と豆知識

ウクレレ Eコード ルートE
ウクレレ Eコード

E(イー・メジャー)はミ・ソ#・シ(E-G#-B)で構成される3和音です。

  • 慣れないと押さえにくいコードフォームです。
  • 全弦を押さえるフォームなので、慣れればそのままのコードフォームで他のコードも押さえられます。

基本の押さえ方

ウクレレ Eコード

ウクレレ Eコード

指4本を使って押さえるので、最初のうちは押さえにくいかも。いやむしろ、慣れてきても押さえにくいかも。

慣れてしまうと、そのままのフォームで並行移動して、他のコードを押さえる事ができます。参考に半音下のE♭コードを見てみましょう。

ウクレレ E♭コード

参考:ウクレレ E♭コード 半音下げるだけ

その他の押さえ方

ウクレレ Eコード

ウクレレ Eコード 1弦はミュートする

Dコードの時にも書きましたが、押尾コータローさんのギター曲なんかを弾いてると、こういう押さえ方(部分セーハ)が頻出します。

1弦は指を軽く当ててミュート、2~4弦だけを押さえるというのも、個人的には良い押さえ方です。フォームチェンジの間に合わない咄嗟の時には、このフォームで押さえます(笑)

また、並行移動していくと、このフォームのまま全てのメジャーコードが弾けてしまうのも強い点です。参考までにDコードを見てみましょう。

ウクレレ Dコード

参考:ウクレレ Dコード

Dコード・Fコード・Aコードの時は、1弦は解放でもOKです(A音を含むため)