ウクレレコード【D7】の押さえ方と豆知識

ウクレレ D7コード ルートD
ウクレレ D7コード

D7(ディー・セブンス)はレ・ファ#・ラ+ド(D-F#-A+C)で構成される4和音です。

  • D(ディー・メジャー)=DF#Aに、ルートDに対する短7度(セブンス)=Cを加えた和音です。
  • つまりD7の7=C(ド)の事を表します

基本の押さえ方

ウクレレ D7コード

ウクレレ D7コード

Dメジャーの1弦解放Aに対して、1弦Cを追加する事でDセブンス=D-F#-A-Cの4和音が成立します。Dメジャーと比較してみましょう。

バレーコードになるので苦手意識のある方もいらっしゃるかもわかりませんが、慣れれば案外楽チンです。

ウクレレ Dコード

参考:Dメジャー

他の押さえ方

ウクレレ D7コード

ウクレレ D7コード

指2本で押さえられる簡単な押さえ方です。CRAZY-Gなどにも登場しますね。こちらの方がメジャーな押さえ方かもしれませんが、実はちょっと特殊な押さえ方です。

押さえ方の構成音を見て頂くと、F#-A-C・・・ルートDが入っていません。ちょっと詳しい方なら、『これはF#m-5じゃないの?』って思うかもしれません(笑)

ウクレレコードにはルート音は省いてもOKという特殊ルールが存在します。だいたい5和音以上のコードに適用される事が多いのですが、4和音のD7でもこのルールが成立しています。

ウクレレコードの特殊ルール:ルート音は省いてもOK

一緒に覚えたいコード

ウクレレ C7コード

ウクレレ C7コード

C7は基本のD7を左に並行移動しただけのコードフォームです。バレーがなくなって指一本!楽チンですね。